2012年7月8日
『タイムリミット(っていう日記タイトル前にやった気がするなぁ。被るのイヤだなぁ)』



お○んぽカエル。



こんにちわ。外の気温が26度を超えだしたので
個人的にはもうそろそろエアコン様をつけたいと思っている坂本ツキです。
暑いのダメなんすよ・・・東北育ちなもんで・・・冬生まれなもんで・・・。


えー・・・突然ですが、
やばいです。非常に。
そのヤバさはまるで
34歳で脱サラして昔からの夢だったラーメン屋を始めた二児のお父さん。
開店三ヶ月、地元テレビ局にも取材されるなど出だしは順調、客足もそこそこになってきたが
ある日突然倒れてしまい病院に行って見たところ肺に影がうつっていて治療には数年掛かると
診断されるも銀行で借りた設備費用などの返済は迫ってくるので
ヤミ金で金を借り、妻がスーパーで週6回7時間のパートを始めるがその返済額は雀の涙。
返済に困り逃走を決意しいよいよミナミの帝王萬田銀次郎が動き出すくらいやばい
です。なげぇ。
あと、Vシネマじゃん。


冗談はさておき、本当にやばい。
ツキ・熊吉のTwitterをチェックしている方はご存知かもしれませんが
ツキさん、ちょっと前に
夏コミ原稿の事で熊吉さんにめっちゃ叱られましてん。えぇ。


と言うのも、例大祭(5月)の原稿用のテキストを期間ギリギリ、というか
描く側からすれば極道以外の何物でもない時期にテキストを渡して
次(夏コミ)の原稿用のテキストは、

例大祭が終わったと同時位にはちょうだいね
、と
言われていたにも関わらずまったく提出出来ず。というか、
普通にゲームしたりゲームしたりしててそれはもう完全にツキさんが悪い状態でして
例大祭の打ち上げ後に普通に叱られ、そのあとTwitterにて吊るしあげられるという。
で、割とマジで
「今回はまぁお咎め無しだけど次に原稿を期限までに出せなくて遅れたらつきくま。解散」という
厳しめな条件が発生しまして、こりゃヤバイという事で、
そりゃもう本気モードで、
オクスリの力を借りに借りて
期限を遅れること一週間、例大祭終了時の完成度0%の状態から
普通のお仕事もしつつ
約40ページ分のテキストを完成させました。
個人的には、初ジャンルの初めての作風に挑戦した割に
ちゃんと出来たな、と(提出遅れたけど)
なんか微妙にウィキペディアに書いてあった
ザ・クロマニヨンズ(元ハイロウズ、ブルーハーツ)の甲本ヒロトのバッテンロボ丸のエピソードに近い何かを感じましたね。えぇ。
伝わりづれぇ・・・


そんなこんなで今はノンビリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・出来ないわけですよ。


7月15日、つまり
あと一週間後に次のシメキリが来るのですよ。えぇ。
気付いたのは今から三日前。熊吉さんがTwitterでなんか
「あと10日」とか、謎なカウントダウンつぶやきをしていたので
気になって
「それなんのカウントダウン?」って普通に聞いたら
「いやいや、お前さんの次のテキスト原稿シメキリだし」とか言われて。
え、なにそれ聞いてない、とか思ってSkype、Windows Liveメッセンジャーの過去ログ等を漁ってみたら
確かに言われてた!ははっ!しかも、夏コミ用のテキスト提出して
すぐ言われてた!ははっ!はははっ!はぁ・・・。
それまで何してたかって?
主に
ペルソナ4ザ・ゴールデンですよ・・・。
夏コミ用のテキスト書き終えて、やったー遊べるーとか思って
かなり廃人的にプレイしてもう今
2周目がそろそろ終わる頃でして
プレイ時間的にはもう3ケタンに差し掛かり候。 so long.
あぁ・・・感想とか書きたい。


まぁ、ちょっとここから軽く愚痴といういか超絶言い訳大会になるわけですが
ペルソナ4ばっかりやってたといいつ6月は本当にキツかった。
Twitterでは多分言ってなかったと思うんですが
ツキさんの働いてる会社の社員の一人がケガをしまして。えぇ。
それで、しばらく会社に来れなくなるから代わりの人を・・・となった時に
その社員さんのやってた業務が
僕以外に全く引き継がれておらず
僕以外誰も手出し出来ない状態になってて、普段の仕事をしつつ
その人の分の専門業務もしなければいけないので必然的に残業は増える
しかも休日もかなりの確率で出勤しないと無理な状態になってて
まぁーリアルが大変で。


そんな状態が続いてまして、さらに、10日前くらいでしょうか・・・
頭が痛い、
喉が痛い、
関節が痛い、
というかリンパ部が尋常じゃなく痛い、
脚に力が入らない、
吐き気がすごい
腹痛もすごい
でも熱は無い
という訳の分からない状態に陥って
結構な日数、病床に伏せておりました。
症状的には熱さえあればインフルエンザっぽいんですけどね・・・。


で、この謎症状が暫く続いたあと
身体のダルさとか頭痛・喉の痛みは消えたんだけど今度は
腹痛と吐き気が前にもましてひどくなってきて。
ヒドイ時には一日に10回以上トイレに行ってて
リアルに4キロくらい痩せた、と思いました。
これに関しては、なんか賞味期限切れのモノを食べたような
ウィルス性の何かだったような原因はよくわからず。
お医者さんにもらったオクスリでなんとかなって現在に至る。


そして、繰り返しになりますが
あと1週間。
なんだろう、1週間という言葉に強い因果を感じます。
しかもぶっちゃけ、土日は用事があるので殆ど家には居ない状態なので
実質あと今日入れて6日しかないのよね。
さらにさらに、過去の熊吉さんとの会話ログを見返して
今ようやく
何のテキスト原稿の締め切りなのか判明するという
やばさ。


じゃぁなんで今こんな日記書いてるのって言われますと
そりゃもう
現実逃避以外の何物でも無いわけして。
ここからはもう、本気でやりますんで・・・。


ただ、締め切りがあと1週間なわけで
早く提出するに越したことはないんですよね。
というわけで催促メールが怖すぎるので朝方から
ケータイの電源切って
Skype落として
メッセンジャー切って
Twitterも時間泥棒なので切って
でも熊吉さん側の原稿提出リプもらってたみたいなのでそれだけ返して

とりあえずピザ頼んで原稿開始!ほんともう・・・やばい!!!!!!!
というわけで、僕になんらかのご用のある方は
いつもどおり、
狼煙か念動力で!


















あと最後に。
ウチの愛犬・ロビンがさっきから僕の左腕を枕にして寝てるんですよ。
つまりこの日記、殆ど片手で書いてます。
褒めて。





こちらがその
寂しんボーイ。
ドーベルマンの子どもではなく(よく言われるけど)
これでも、もう立派な成犬なのさ。もうすぐ4歳。
ミニチュアピンシャーという犬種ですね。ドイツの犬。
遊んでるヒマないんだけど・・・!俺を構えとまとわりつく・・・!
結果抱っこしながら原稿したり日記書くことになるので
非常に大変なのですが、かわいいので仕方ないですね。
やばいですね。

17時42分(ツキ)





2012年7月31日
『疲労コンバイン』



ソラトロボ本、夏コミ新刊表紙(と裏表紙を合わせたもの)!






こんにちわ、相撲というより力士という存在が好きな坂本ツキです。
あの体重、あの体型で体脂肪率は10%代とか素敵生物すぎる。


さて、夏コミまであと・・・
ひぇええええええええ!!!(飛影について叫んだのではない
時間経つの早くないですか・・・早すぎないですか・・・。
どうなってんだよ2012年・・・。
昨日も仕事で書類に日付を書くときに
2012年4月って書いてて
なんかもう2012年まだまだじゃね、って思ってたらもう半分以上すぎてるわ
夏コミまであと・・・ひぇええええええええ!!!(飛影について叫んだのではないPART2
もう、ね。そんな感じで、ね。
夏コミまでのタイムリミッツは、タイムリミッツは各自で
調べてもらうとして。


ソラトロボ本を出します!と何度もサイトやTwitterで言ってる割には
ソラトロボってどんな作品?っていう大事な事に触れてなかったな、と。


当サイト・サークルつきくまエンタルピー。は過去全ての同人誌を
東方Project本でやってきたわけで、アレらの本でウチを知って下さった方々は
いわゆる
東方サークルだと思っておられる方も多いのではないかと。
実際にはオリジナルの絵や漫画・テキストをメインでやりつつ
元々好きだった東方でちょっとやってみるべぇと思って始めたら
いつの間にかそっちがメインみたいな感じになってましたね。テヘ。
まぁ、他の作品も扱ったりしますのよ。


さて。そんなわけで今日からコミケまで
ソラトロボについて色々語ったりします。そして、熊吉さんが
この宣伝の為にソラトロボ宣伝Web漫画を描いていきます!
・・・まぁ、正直このネタ出しが遅くなったが故に
色んな人に迷惑をかけてなんかもう軽く悲惨な目に遭ったりしたんですが

それはまぁ置いといて。あ、でも今回は熊吉さんには
期日通りテキスト提出したんですよ・・・!





ソラトロボ。正式名称は
『Solatorobo それからCODAへ』
2010年の10月にバンダイナムコゲームスから発売された
ニンテンドーDSのゲームです。
ちなみに開発はサイバーコネクトツー。 .hackとか、ナルティメットとかで有名ですかね。


ソラトロボは、ゲーム的にざっくり説明すると
イヌ型の獣人が小さいロボに乗って細々したミッションをこなしたり、時に世界まで巻き込んじゃう壮大な事件ありの
ザ・ケモノ・オンパレードなアクションRPG。
ケモナー歓喜・狂喜・大喝采な作品となっております。


元々サイバーコネクトツーがPS(プレイステーション)で出した
こちらもケモケモしたテイルコンチェルトという作品の続編というか
リトルテイルブロンクスという構想の2作目に当たるわけですが
作品として世界観は若干リンクしているものの、ソラトロボ単体で独立した作品として
楽しめるので、無問題というかなんというか。
余談ですが、
某カビ氏や某蜜柑氏はテイルコンチェルトに
並々ならぬ愛情を注いでおられるので
つきくま。的な集まりで見つけたら魅力を聞いてもいいかもしれない。


ソラトロボは、
Wikipediaを見る限り
構想10年、制作に3年、CMは100種類(ギネス認定)、設定画はなんと1000枚以上という
バンナムにしては ニンテンドーDSのケモノゲーとしては大変なこの力の入れよう。
ガチケモナーとの噂もあるぴろしとスタッフが強くプッシュしなければ絶対に作れなかった筈。
そんなわけで大変丁寧に、丁寧に作られた大作でありました。


ゲームとしての内容は・・・まぁ、色々言いたい事はありますが
作品の宣伝したいのか辛口評価したいのか分からなくなるので省略(ごめん、察して)
ただ、とにかく
ケモノ愛が素晴らしい。えぇ。この一言に尽きます。
流石に設定を作り込んでいるだけあって、
猫耳と尻尾を付けただけでケモっ子と称されると「あぁん!?」となる
重度のガチケモナー、坂本ツキ氏も納得のケモノっぷり。
よくネタにされますが、
獣人用のトイレの構造までキチンと設定画に盛り込む(ゲーム上では登場しないのに)
異常っぷりは愛が為せる業かと。
流石にユーザー満足度97.4%は伊達じゃない。


ゲーム内容についてはさっきも言いましたが
正直色々惜しいと思う。システムとか、アクション的な意味で。
シナリオは好き。ケモノ×ロボという空想・科学・ファンタジー大好きっ子の
少年少女と、
少年少女のキモチを忘れないオッサンにはたまらない組み合わせで
子ども向けかと思いきや一部ヘビーな設定とロマンスと悲しい宿命。
そして運命に打ち勝つ熱く壮大な展開。
最後までプレイすると、それはそれは清々しい気持ちになれます。


セールス的には予想を下回り、大ヒット御礼!とは行かなかったものの
プレイした人には悉くこの作品への愛が芽生えるので
設定資料集や外伝的なコンテンツに関しては今も絶賛刊行中。
熊吉さんも一冊5000円(全3巻)する設定資料&画集を買ってるし。
イベントもまだまだ色々やってます。そしてなんと!
ウチも本を出します!
これは驚きですね。まったく予想外ってヤツです。


今週は夜勤な上に仕事が溜まりまくっているので
強引にまとめに入りますがこの夏休み、
ケモノに興味がある方!もしくは無い方!
全員じゃねーか!
えー、ソラトロボをちょっと触ってみては、いかがでしょうか。



14時54分(ツキ)





TOPに戻る