2013年12月31日
『撹拌という文字を見ると何故か興奮する病』



(画・熊吉)


こんにちわ。現在の心境は
『不登校3ヶ月目の登校拒否児が、
 二学期最後の登校日に渋々来るのでそれをどう迎えるべきかで
 事前に行われた学級会議により「とにかく自然に対応せよ」と
 担任から強く念を押されるも、実際どう接すればいいかよく
 分からない生徒達からとりあえず第一声は学級委員長から、と
 ノリで言われ一任されてしまった時の学級委員長のキモチ』
です。


こんばんわ、当サイトの管理人であり、自称テキストとか担当
そして現在絶賛無職中の25歳児(来年1月で26)の
坂本ツキです。お久しぶりです。


いやぁ・・・この数ヶ月、
遊んだ遊んだ。
そして、寝た寝た。
今までの人生の中であれほどよく遊び、よく寝た日々は無かったと思いますね。
仕事して、同人活動もしてた時はだいたい睡眠時間は
3時間半くらいだったと思いますが
ここ数ヶ月の1日平均的な睡眠時間は
9時間ですね。健康です。すこぶる健康です。
子供の頃からの悩みだった白髪も(中学の時からひどく、既に白髪染めをしていた)
食事改善と適度な運動、十分な睡眠、無職パラサイトというストレス皆無の状態により
白髪が一切なくなりました。


そして長年の悩みだった腰痛と肩こりがなくなり
ロト6は2等が当たり、適当に買った馬券も万馬券で大当たり
女装少年の彼女も出来て今、人生がウハウハです(笑)
それもこれも、この
ペニーオークションで
偶然買えた幸運のネックレスと
楽天の日本一セールで
77%OFFになってた
幸運のブレスレット
のおかげです。



まぁ、ご存知の通り白髪がなくなった事以外はウソですが。
一部ほんとうに
ウソみたいな事が行われていた会社もあったようですが。
まぁ・・・生活環境の変化ってすごいですね。


さぁさぁ、残す所今年も今日限りですが・・・。
今年の漢字一文字とかもう、
どうせ皆やってるのでやりません
敢えて何か言うなら
『ある程度の蓄えのある無職は最高に楽しい』ですね。
まぁ、そろそろ活動しなきゃダメなんですが・・・。


しかしまぁー早く
3億くらい一気に稼いで隠居したいって思いますね。
どこかに落ちてないかなぁー3億。
5000万まで入るバッグならあるんだけどなぁー。あるんだけどなぁー。
入らないって?入りますよ!ほら!(ギュッギュ
入りませんね。

・・・と、まぁ一応今年の時事ネタもさらいつつ。


今日は2013年最後ということで
1月から12月の個人的に印象深かった出来事を
12個おさらいしつつ年越しをしようと思います。
本音を言えば早めに日記をやっつけて
紅白かガキ使見てる人を尻目にゲームがしたい!!
というわけで、現在12月31日の午前10時46分。
さくっと行きましょう。






2013年1月の印象的な出来事


『会社をサボった日のお昼に食べた
  マックで最高のフィレオフィッシュに出会う』



これですね。
まぁあのー
会社をサボったのはおいといてね。
ただこの5ヶ月後に会社を辞める事になるんだけど
この辺りから兆しはあったのかなぁとか。


とにかく、1月は一番コレが衝撃でしたね・・・。
確かこの1月くらいからだったと思うんですけど
マックのフィレオフィッシュが
紙の包みから箱に変わりませんでした?
変わったんですよ。ウチの地方では。なんか。
昔っからフィレオフィッシュは好きだったんですけど
完璧!と思えるフィレオフィッシュは中々
提供されないのが不満でして。えぇ。
というのも、
あの紙の包みって蒸れませんか?バーガーが。
蒸れたせいなのか全体的に柔らかくなっちゃって
パンもフニャフニャ、フィレオもフニャフニャ、僕のおチンチンもフニャフニャ
誰がフニャフニャですか。やめてくださいよ。もう。
こっちはいつだってボーキサイトですよ。
まぁボーキサイトも
硬度2くらいだったりするから案外柔らかいって事は
覚えておいてもいいかもしれませんね。誰がフニャフ…はい。
そんな感じで、とにかくフィレオフィッシュを食べるけど
どこか満ち足りない、みたいなのが20年近く続いてたんですけど
この会社をサボった1月31日のお昼マックでね・・・出ましたよ満点が。
箱に入ったフィレオフィッシュ。あれ?包装紙変わった?と思って
開けたらパンはあの、写真とかの方でしか見られないような
完璧に盛り上がったフッカフカのパン。
フィレオは揚げたてで衣が総立ち。
タルタルソースは多すぎず、少なすぎず
噛んだ瞬間にはキチンとまんべんなく口に含まれる分量。
チーズは今乗せられたばかり、と言った具合で
四角の原型を留めるも揚げたてフィレオの熱で
徐々にいい具合に溶け出す・・・
みたいな。
僕はいつもマックはほぼ店内で食べずに持ち帰りで食べるんで
そのせいで蒸れるのかな、とか思ってたんですが
購入から10分後、家に帰って開けた時にこの状態ですからね。
もしこれ店内でお召し上がってたらあまりの完璧さに死ぬんじゃないかなって思うくらい
最高の出来だったんですね・・・いやぁ驚きました。
そのあとも何度かマックに行って食べてますが
あれほどのモノには出会ってないですねぇ・・・。
というか、まぁ、
会社をサボって知らない街で食べるモノは美味しいですね。
結局のところ。えぇ。
そんなわけで1月はこんな感じ。
あ、あと25歳になってますね。1月23日に。えぇ。
2014年は26歳ですね。怖いですね。
26ですよ。26。26歳のアニメ・ゲームキャラといえば


逆転裁判なら御剣クンとナルホドくん
スーパーマリオブラザーズのマリオとか
ゴッドイーターの雨宮リンドウとか
NARUTOのヤマトとか
Zガンダムのパプテマス・シロッコ

幽☆遊☆白書なら仙水忍ですよ奥さん!!
もう強キャラになってないとイケナイお年ごろですよ!!
怖いですねぇ・・・怖いです。
そんな恐怖に震えながら、2月の出来事です。





2013年2月の印象的な出来事

『会社をサボった日の朝に食べた
  すき家の牛丼に殺されかける』



・・・はい。
この月の4ヶ月後かな?会社を辞めることになるんですけどね。えぇ。
またサボってるんですよね。えぇ。
このどこか遠くに逃げたいっていう精神状態もやめる事と
何か関係があるのかな〜ないのかな〜。
確実にありましたね。えぇ。
まぁ、お昼にですね、すき家で牛丼を食べたんですよ。、知らない街で。
僕は牛丼とか、丼もの関係は全てそうなんですけど。ごはんが
ヒタヒタになる位のツユが入ってるゴハンが大好きなんですよ。
軽くごはんがツユの中で泳ぐ、くらいの量ツユが入ってると最高なんですよ。
サッと口に入ってくるし、噛まなくていいし、なにより濃い味が大好きと来てます。
当然ここの店でも「つゆだく」で頼みますよね。頼んだんです。
そうしますと、今回のおサボりは早朝出勤の日でして
大変朝も早い時間帯でございましたから
僕が会社をサボってる中、頑張ってるバイト様が
明らかに目が血走って妙に声が大きくハイテンションなんですね。えぇ。
夜勤明けなんですよね。彼がね。えぇ。
朝の部のバイト様との交代直前くらいでもう、限界キテんな、ってのが
はっきり分かったのですよ。えぇ。
つゆだくが、
今まで生きてきた中で史上最大級のつゆだくなんですよ。
もうですね、米が軽く泳ぐとか、そういうレベルじゃなくて
米が完全に浮いてるんですよ丼の中で。肉と一緒に。
いつものつゆだくが





つゆだく。   くらいだとすると、この日のは
つゆだくぅぅぅうう
ぁあぁぁああ!!!!!!ぁぁぁぁ!!!あああああーーーーーっ!!!あああああーーーーーっ!!!



って感じなんですよ。なんですよ。
もうおおげさじゃなく

コレを食べた続けたらお嫁に行けなくなるって思いましたし

こんなんばっかり食べてないで早く誰かのお嫁さんになろう、
私もそろそろいいトシだし・・・
って思いましたし

僕が今この牛丼を食べてる時も
地球のどこかでは飢えに苦しむ人がいて…
とか思いましたし

コレを機にベジタリアンになろうかな、とは
思いませんでした
もうホントにヤバイのが出たんですよ・・・。


この事件以降、すき家でつゆだくを頼む時は
お昼と夕飯時だけになりましたね・・・。
間違っても朝早くと深夜には怖くて頼めませんねもうね・・・。


あとは目立ったイベントとしては特にないんですが
シュシュをチンポに巻きつけてましたね。余興で。余興でね。
さぁ、3月ですよ。





2013年3月の印象的な出来事

『パズドラ参戦』


しました。
なんかもっと何年も前からやってる気がしたんですけど
割と遅い参戦でしたね。
モバマス(アイドルマスターシンデレラガールズ)の方も
課金熱が大分収まって、所属アイドルもかなり増えて
やることが少なくなってきたのがこの時期なのかなと。
初めてまず驚いたのが、モバマスの課金と比べて
そこまで課金しなくても遊べるということ。
モバマスが初めてのソーシャルゲームだったので
頑張れば無課金でも強くなれるというのがすごく新鮮でしたね。
まぁ、それでも魔法石とかいう課金アイテムを買いましたが・・・。
今はもう、パズドラの方もまったくプレイしてない状態ですね。
飽きた、とか言うのは今もプレイされてる方が多いゲームですので
そういう言い方もなんか悪いと思うし、僕の性格上、この手のモノで飽きるって事は
まず無い(モバマスも単に「やれる事が減った」というだけで飽きてはない)。
なんで今やってないかっていうと、無職になって時間だけはいっぱいあるけど
パズドラ含めソーシャルゲームやってたら、もうそれしかやらなくなっちゃうのが
怖いからなんですね・・・時間を吸い取られまくりますからね・・・。
まぁ、後日艦これをやりだすのですが・・・それはまた別のお話。
あとこの月は公園で会った
60歳の美人巨乳おばあちゃんのパイスラに興奮しましたね。
ほぼ抜きかけましたね。
4月!春のおとずれ!





2013年4月の印象的な出来事

『クスリに手を出す』






クスリに手を出しました。えぇ。
これで最近クスリに手を出した有名人は
僕、田代まさし、酒井法子、押尾学ということになりますね。えぇ。
僕は有名人じゃなかったですね。ただのインターネットつぶやきマンでしたね。


1月から遡ってて気付いたんですけど、かなり太ってました。えぇ。
昔っから着痩せと言いますか、ある程度のワガママボディでも痩せて見える
(首が長くてなで肩のせい?あと胸が張ってるのでおデブちんに見えない)ようで。
でも、流石のパッシブスキル・着痩せにも限度がありんす。えぇ。
週五外食、毎日夜にお菓子と甘い飲み物をを食べて飲んでを繰り返し
いつの間にか
レイピアよりは手斧が似合う感じの体型でした。
威力高め・命中率低めの。ヴァイキング!って感じの。
こりゃイカン、と思ってダイエットを始めて
クスリにも手を出し始めたのがこの時期だったかなと。
ただ、このダイエットは大失敗に終わり・・・会社をやめるまで
デブ街道をひた走りながら膝を痛めて息を上げ、途中
見つけたたこ焼き屋でチーズたこ焼き16個入りを食べて
その足で「今日は運動頑張ったから」と焼き肉に行き
食べに食べて家に帰ってポテチL袋といちご牛乳を飲む始末

絵に描いた様なデブタレぶりを発揮してましたね・・・。


あと、この月は
空気清浄機におちんちんを押し当て、
空気クリーンセンサーが
真っ赤になるのを確認して

「んん〜?コレを見るのは初めてってか
   へへ、こいつぁいいぜ…」
などと言ってみたり
確実に精神を病んでいた様です。
・・・5月!




2013年5月の印象的な出来事

『サブウェイにはもう二度と行かないと誓う』


人生初のサブウェイというサンドイッチのファーストフード店に行きました。
上記の書き方だと、なんかサブウェイでイヤな事があったのかな?と思われそうですが
実際には特にひどい事は起きてません。サンドイッチは美味しかったし
店員のお姉さんも笑顔で接客してくれるし
店内の雰囲気も割といいし、隣の席に座ってる
ブs・・・女の子
「私ぃーよく木下優樹菜に似てるって言われるんだよねー」とか言ってて
周りの
ブs・・・友達らしい女の子も「分かる」とか「たしかに」とか口々に言ってて
うん、確かに
髪の長さが同じくらいなのと茶髪っぽいのと
目が2つあって口が1つなとこは似てるよね
って感じでもう
なんか死にたくなったりしたモノのソレ以外は全然いいんだけど
すごく僕向きじゃないって事に気づきましたね・・・。


もう、なんていうか、
細かい。メニューが。注文が色々。
サブウェイ言ったことがある人なら分かると思うんですけど
まずパンの種類から入って、
入れる具、入れない具、ソースの種類を決めて
パンを焼くか焼かないか、みたいなのまで
細かく指定させるんですよ。
たぶん、女の人とかはこういう選べる所が好きで
サブウェイよく行くと思うんですけど
ツキさんほらオジサンじゃないですか。えぇ。
選びたくないんですよね・・・もう。
勝手にやってくれって思うわけですよ。
どこのご飯やさん行っても、殆ど決まりきったモノしか
食べないですし、たまに変わり種を選んでも
次来るときにはまた同じ、好きなメニューを選んでしまうんですね。
サブウェイだと、仮に好きなメニューが決まっても
同じメニューを、同じ様な手順で同じに指定しない
出てこないわけですよ。まずコレが面倒だな、って思う点の1つ目。
松屋(牛丼店)とか、食券じゃないですか。もう欲しいメニューが決まってれば
サッと券売機で買って座ったら無言でも出てくるんですよ。
最高にシステマチックだと思うんですよ。特に引きこもりのツキさんみたいに
人と話したくないって人にはありがたいシステムなんですよ。


で次が、
割と待つという点。
僕が行ったサブウェイが小さいせいか
注文聞く人が1人なんですよ。で、その人が作って
もう一人がその作ってるのを補助する、みたいなスタイルで
注文聞いてる人が1人だから、前に人が並んでるとその
前の人のメニューが完全に注文されるまで
僕は待ってないとダメ
なんですよ。えぇ。
これが、割と待たされる。特にサブウェイはいつでも
お客さんが居るような状態ですし、常に4,5人は並んでましたので
中々待つ。ファーストフードの割には待つ。というのが
せっかちなツキさんにはなんかちょっと・・・と思う点。
さっき松屋の話をしましたが、もう自分メニューが決まってる人は
何も言わなくても同じメニューが出てくるシステムとか
作れないもんですかねぇ?例えば、スマホのアプリで
サブウェイメニューアプリ、みたいなのを作って
自分があらかじめ
「今日はこのパンでこの具を入れてこのソースで食べたい」ってのを
入れておいて、店の機械にかざすと注文が成立してすぐ作ってくれる、みたいな。
店側もお客さんも、時間が節約出来てすごい便利だと思うんですけどね・・・。
まぁサブウェイにかぎらず、全国のチェーン店で
例えばマックならこのメニュ−、モスならこれ、吉野家はこれ、
サイゼリアならこれ、びっくりドンキーはこれ、スタバはこれみたいに
全部自分のお気に入りメニューを登録しといて
かざせば注文、みたいなのあれば世の面倒くさがり、
世のメニューが定番化してるオッサンことツキさん的には
相当ありがたいんですけどねぇ・・・っと、長くなってきたので次。


トッピングのバランスがよくわかんないという点。
ほら、ツキさん野菜を食べないじゃないですか。
カツ丼の中の玉ねぎを全部、
絵師・熊吉さんに食べてもらったりする
じゃないですか。
するんですよ。ツキさんアホの子だから。えぇ。
サブウェイってすごいお野菜のトッピングが多いんですよ。
ここも多分、女性とか、健康志向な方にウケる点だと思うんですが。
そこに来て僕が、
野菜を全部抜いて下さい。で、
ここにある肉のメニュー全部乗せて下さい
みたいな注文をすると
絶対変な顔されるじゃないですか。されてもいいんですけどね。
マックとかモスみたいに、メニューがラインナップとしてきちんとあれば、
どんな買い方しても誰も変に思わないですけど
サブウェイは自由すぎて変な注文しちゃうんじゃないかっていう恐怖が
若干、いや多いにあるですよ。しかもお客さんは女の人が多い。
これでもし店内で食べた時に
「見てあの男(笑」
「パンと肉しか入ってないよ(笑)」
みたいにクスクスやられたら
その場でビニール袋に入って練炭を焼きだす可能性も出てくるじゃないですか。


これは大げさにしても、なんでご飯食べに来て
こんな緊張せなアカンのや、と。思ってしまうわけですね。
というわけで、僕は、今後サブウェイには自発的には行かないと思います。
友達か女装少年の彼女か普通の彼女もしくは嫁さんなどに
無理やり連れて来られない限りは!行きません!


あと、この月は
「清め塩にチンポを突っ込んだら翌朝パンパンに腫れてた時の話」をしてますが
僕の実体験ではない筈なので真に受けないように。
・・・6月!!!






2013年6月の印象的な出来事

『特になし』

まぁ、特にないですね。会社やめた位でしょうか。


なお、この月は
「映画を観に映画館に行ったら貸し切り状態だったのでチンチンを出したりしまったり出来るな・・・」と
思いましたが、思っただけです。思っただけ・・・です。
次は7月。そろそろ疲れてきた。





2013年7月の印象的な出来事

『ヴァイキング、農奴になる』


会社をやめ、心と身体に余裕の出てきた
ヴァイキング系アイドル、坂本ツキは
最近、農園を手に入れた母親により
労働力として数えられていました。
荒れ果てた土地を一から、立派な畑にする事を命ぜられた僕は
毎日毎日、畑に行ってクワを振るって土を耕し
雑草を抜き、小石を取り除き、水を汲んだり撒いたりして
畑を畑らしく改良していく毎日でした。
・・・・・・あ、ここまでウソは一切無いです。
本当に、朝はやく起きて畑に行き、
農作業を昼間でして帰って昼食を食べて昼寝して・・・
夕方起きてダイエットの為運動をして寝る、という
最高に健康的な毎日を送っておりましたね・・・。
ダイエットの方は今も続いていて、
今が多分、20歳の時から考えて一番
体重と体脂肪が少ないですね。えぇ。
一番ひどかった2013年6月から比べると
半年で体重が-12キロ。
体脂肪は8%減りました。
えぇ。
まぁ、6月までがひどかっただけなので・・・
そこまですごい良い身体になってるワケじゃないのですが
さすがに12キロの重りが外れてる、と考えると
相当身体が軽いですね。今は。
走っても膝が辛くないですし
数キロ程度ならずっと同じペースで走れる位
持久力もついたし、続けるモンだな、と思いますね。
今は一切お菓子とジュース類は取ってませんが
特に苦痛じゃないのでこのまま行こうかなぁと。
ただ、ご飯とお肉はいつだって食べたい衝動があるので
食べた時は特に激しく運動する事にしてますね・・・。
あ、今は農作業殆どしてませんね。冬なんで・・・。
たまに土を掘り起こして天地返し?とかいうのをやって
畑を休ませてるところです。あと寒いしね

さて8月ー。





2013年8月の印象的な出来事

『映画をやたら観た』


観ましたね。映画。
もう映画評論家になればいいって位観ましたね。
映画館にもよく行きましたし、DVD・BDも借りましたね。

今年は特に良かった映画は・・・
『シュガー・ラッシュ』ですかね。やっぱり。
シュガー・ラッシュは、良かった。本当に。
知らない人の為に一応説明しておくと
ディズニー映画なんですよ。
舞台設定がゲームセンターのゲーム筐体の中で
キャラ達が生きてて(トイ・ストーリーのゲーム版的な)、
そこの(架空の)ゲーム内のキャラの
ラルフっていう悪役が30年同じゲームの悪役を務めたんだけど
当然そこにはゲームの主人公(操作するキャラ)がいて。
そいつはいつも皆にチヤホヤされてて
ラルフは悪役だし、嫌われてるからもうイヤになって
逃げ出すんですね。で、他のシューティングゲームで
『メダルを取るとヒーローになれる』っていうのを聞いて
勝手にそのシューティングゲームの中に紛れて
メダルを取りに行くけど、そこでトラブルを起こして
また別の「シュガー・ラッシュ」っていうお菓子の国の
レースゲームに入っちゃってそこでとあるひとりぼっちの女の子に
会って・・・っていう感じ
で話が進むんですけど
まぁーこの話がすごいよく出来てるんですよ。
ちょうど僕みたいな、ゲームが大好きで
ゲームばっかりやってた20代〜30代後半くらいの人には
ドンピシャな世界観で。ゲーム好きな人が作ってるなぁっていう
愛がビンビン伝わってくるのよ。
実際にクッパとかザンギエフとかが出て
『悪役の集う集団カウンセリング』みたいなのをしてて笑うんだけど。
とにかく、お話が面白いんだ。
まず、この映画の主人公が悪役で、30年同じ仕事してて
特に褒められる事も無くもう自分の仕事にウンザリする、っていうとこで
僕らにはビンビンくるじゃないですか。
前述の悪役キャラ達のカウンセリングで
最後に皆で手をつないで『俺は悪役、それでいい』っていう
唱和をするんだけど、それがまた重要なポイントを担ってて・・・
あんまり書くとネタバレになるからやめるけど。
ディズニー映画って事で子供向けなのかな、って思うと
全然そんな事なくて、むしろ
子供にこれをみせるか?って思うくらいに
テーマがアレで大人こそ観るべき、っていう作品なんだ。
でもやっぱりそこは流石のディズニー、きっちりと
ディズニー展開を繰り広げて最後はちゃんと誰もが納得する
ハッピーエンドにしてくれるので、幼少の頃から
ディズニーで育った生粋のディズニーっ子の僕には
ご褒美みたいなモンでしたね・・・。
もしまだ観てない人がいたら、ぜひTSUTAYAで借りるか
BD・DVDをAmazonで買うかして観るとよいと思います。
まず観て時間を損する作品ではない、と言い切れるです。はい。
映画館で観て大泣きしたのは、初めてですね。


あとは・・・パシフィックリムですかね。今年良かったのは。
これも、ちょっと泣きそうになった、もしくは
泣いちゃってたかもしれない。たぶん泣いた。
別に、感動する話では無いんだそこまで。
ただ単純に
「二人で操る巨大ロボに乗って地球の為に怪獣を倒す」ってだけの
シンプルな映画なんだけどさ。ストーリーで泣くっていうより
ついに来たっていう涙が。これは、観て分かる人と
そうでない人がハッキリ分かれると思うんですがね。えぇ。


昔、小さい頃にウルトラマンとか、ゴジラとか映画館で観たじゃないですか。
アレ、今でこそクオリティはそこまで絶賛出来るモノじゃないとしても
興奮したじゃないですか。初めて、あんな巨大なモノが
街を破壊して、怪獣と掴み合いをして、巨大スクリーンで。
今観たら
「おー、当時の技術にしてはすごい頑張って作ったなー日本。」って
なると思うんですよ。なるんですよ。
で、思うのが
「今のCG技術で作ったらもっと凄いモノが・・・ま、無理か」って
思ってたんですよ。思ってたんですよ。
で、ここに来て、パシフィックリムですよ。
冒頭から、訳わからん位リアルなロボットの起動シーンですよ。
そこに、テンションの上がるBGMと二人の
若い兄弟パイロットが颯爽と乗り込んでシンクロして
どんどん準備が完了していって、いざ出撃するまでのシーンで、泣いたわけです。
なんでか。なんでなんだろうか。この涙。
敢えて言葉にするなら
『子供の頃に夢見、描いた想像、そして大人になって
  諦めていたモノが最良のカタチで現実となって出てきた』
感覚。
でしょうか。


「超リアルなロボット映画とか、ハリウッドなら作ろうと思えば作れるだろうけど
  どうせ無理だろ、作ったとしても日本のロボットモノみたいな熱さはどうせ出ないし
  ガイジンさんに特撮のセンスが理解できるとは思えないし」
みたいな
変な優越感というか、無理だろうみたいな諦めがあったんですよ。
そこを、やってくれたんですよ。この映画の監督
ギレルモ・デル・トロさんは。
ロケットパンチ一つで、僕らを一気に子供に戻したんですよ。
そうそう、メキシコの方なんですよ、ギレルモ師匠。だけど特撮が大好きで
円谷英二(無論、特撮の神。円谷プロの初代社長)を尊敬してる時点で
かなりキテるメキシコ人ですよね。
とにかく、この人がオタクなんだ。撮影現場で
一人太ったオタクみたいなヤツいるけど、
誰だアイツ?って思ったら監督だった
でおなじみのギレルモ師匠の
作ったパシフィックリムは、それはそれは愛に満ちあふれてましたよ。
前述のシュガー・ラッシュもそうですが、愛のある人が作るモノは
面白いですよ。心に響きますよ。


そこに来ると、最近の日本映画の愛のないこと・・・。
製作委員会方式で、とりあえず好きでもない監督が
好きでもないシナリオを好きでもないスタッフとキャストで
作ってきたら、
そりゃそうなるわって出来の作品を連発しますがね。
そう、
ガッチャマン、アンタのことだよ。ふざけやがってぇ・・・。
同じ2013年の映画として、
メキシコ人の監督が特撮愛に溢れまくって作った名作パシフィックリム
原作愛もなくただなんとなくゴリ押しと金のニオイがするから
作られたクソみたいな出来の実写ガッチャマン
が並ぶこと自体
恥ずべき事だと思うんですが・・・ねぇ・・・。


まぁパシフィックリムが観れて嬉しい半面、
日本でこれが作られなかった事を寂しく思うなどなど。
いやぁ、映画って本当に良いものですね(長いので強引に締めた
次、9月です。長い・・・





2013年9月の印象的な出来事

『お見合い話がくる』


怖い!怖いよ!
無職なのにお見合いとか!
ぼったくりバーで無銭飲食くらい怖い!
なんか、ウチの親の友達の家の娘さんが
僕と同じくらいの頃合いの年齢で
特に彼氏もいなくて毎日色艶なく過ごしてるらしく
一度会ってみないか、みたいな話がちょくちょくあるんですが
イヤじゃんなんか。親の友達の娘さんって。
要するにその話が上手く行くと、その友達って人と
親戚になっちゃうワケじゃん。やりづらいよ。やりづらい。
あと、オタク的要素が一切無いっていうのを聞いて身構えますね。
もう、ここまで童貞(ではないモノの、心の童貞!)をこじらせていると
普通の25歳の女の人なんて恐怖以外の何者でもないぞよ!
何話せばいいのよ・・・
女装少年とかダメなんでしょう?ダメっぽい。

しかも、その25歳の女の子ちゃんが、とにかく無趣味だって言うのよ。
8月みたいに、映画を観る人なら多少イケルじゃん。
あれを観た、あれは観てない、あれは面白いつまらないみたいな
話が出来るし、映画に行くのだって簡単じゃない。でも
なにも無いとなるとさ・・・Mステとゴールデンのドラマといいとも!観ます、
みたいな本当になんつーか絵に描いた様な一般女性?的なやつ?
だともうお手上げじゃん。


僕の友達の妹さんが、割とそういうタイプらしく
とにかく無趣味かつ、
本を読まないというか、読めないんだって。
活字が嫌いって。そしたらもう全然合わないじゃんそんなのさぁ・・・。
こちとら活字大好きマンだぜよ・・・。


まぁ、ツキさんも分かってますよ。分かってます。
『同じ趣味を持ってないと仲良くなれない』とか
『性格が似てないとダメ』とか、そういうんじゃないってのは。
男女の付き合いってのはそういう事じゃないって、分かってますよ。
でも、正直今は別に女の子ちゃんと仲良くしたいって
そこまで思ってないからこそ、面倒くさい事はちょっと・・・的な!


あ、でもでも僕と仲良くしてくださるレディがいるなら、是非是非
お願いしますよ・・・こんな僕ですが!えぇ!
興奮時には触手が6本生えますが全然気にしないって方なら!えぇ!
こちらのメール、もしくはTwitter等でお待ちしておりますっと。
さぁお次は10月。



2013年10月の印象的な出来事

『はじめてのフライト そして沖縄へ・・・』




(あのANAの中に入るのか・・・)





10月はこれですね。行ってきました。沖縄。
そして、人生初の飛行機乗りましたですよ。
本当は10月の日記でちゃんと旅行日記を書きたかったんですが
なんかアレだったんで。ほら
ツキさん病気じゃないですかあの。例のあの。
すみません。







セントレアには忍者がいました。







沖縄に行く前に。
冗談で「沖縄は施設が全部シーサー。切符出るとこも、蛇口もシーサー」とか言って
はしゃいでたら、
本当に蛇口がシーサーだったよ(震え<西野カナ>声
沖縄恐るべしでしたな。




【調査兵団オキナワ地区】にて。硬質化した巨人を発見。「ぼっち岩」と命名。








海ぶどう。ラフテー(豚の角煮?的なやつ)。ウツボの唐揚げ。
精一杯の沖縄っぽさを体験。特にウツボの唐揚げは油がしっかりしてて
魚類とは思えないほどジューシー。調べたら、ウナギ目なのでちょっと納得。







作画崩壊しない方のヤシガニ。
ふっ・・・こいつはまだ子供・・・近くにもっとデカイ親がいるはずだ・・・。
この小さいヤシガニで3000円するんですよ。食べる所殆どないのに。えぇ。
これでもし5キロくらいあるヤシガニ頼んだら、信じて送り出した諭吉先生が
アヘ顔の夏目漱石になって帰ってくるハメですよ。それは多分偽札ですよ。








沖縄名物(らしい)A&W。
ハンバーガーとかやってるファーストフード店なんですが
どうやら沖縄限定らしいです。もともとアメリカさんの
お店ということで、そういう事なんでしょう。えぇ。
このお店、まぁ普通にハンバーガーも美味しいし
ポテトもマックとかモスみたいな感じじゃない独特のモノで
美味しいですし割と無難な感じなんですが、一つ特徴として
右のほうに見えてる、ルートビアっていう
湿布を口に入れられた様な味の炭酸飲料(マジ。嘘だと思ったら飲んで欲しい。)
こいつが
何杯でもおかわり自由という謎システムが。
つきくま。メンバーの大貴さんはこのルートビアが大好きという変態で
よく近所の酒屋さんに行っては(外国産なので中々スーパーには売ってない)飲んでるというので
大変喜んでおかわりをしておりましたよ。えぇ、
私は一杯でギブでございます


他にも、スキューバダイビングをしたり、
スキューバのスーツと酸素ボンベ(20キロくらいある)を背負って
ゆっくり4人が横に並んで歩いてたら
誰かが言った
「なんかアルマゲドンっぽくね?」で大爆笑したり
ハブのショーを観たり、そこで
巨大ヘビを首に巻いたり
ムフフなお店に行ったり面白い体験は色々したんですが
またの機械に・・・というのも、撮った写真を引っ張ってくるのが・・・えぇ。


とりあえず、沖縄の事で3つ。

ひとつは、
沖縄の民の運転が荒い!!!!
これは、凄いです。
なんか沖縄の方って、皆のんびりしてて
温厚ってイメージがあったんですけど、
訳わからん位にクルマを飛ばすんですよ。
皆が急いでるっていうか、とにかく、アクセルは異常に踏むし
前の車との車間距離は一切取らないし
果ては
車道左端を進む自転車も煽るという。
まぁ、これらの体験は
スキューバダイビングを教えてくれる業者のオジサンの運転する車と
レンタカー屋の送迎の車と
ムフフなお店の送迎の車の運転手が
全っっっ員みんな運転が同じ様に荒かったから
そう判断したんですが・・・。
なんなんでしょうね。この荒さは。
僕も愛知にいて、恐ろしいほど車の運転の荒い人や
交通マナーの悪いクズを見てきましたが
沖縄も中々のモノでしたよ。えぇ。
あまりにイメージとかけ離れてたので軽くショックを受けました。
あと、ムフフなお店は行ってません。えぇ。
だいたいなんだよムフフなお店って。


沖縄について思ったこと。
ふたつ目は
観光地として洗練されすぎてて怖い!!
これも、なんていうか仕方ないと思うんですが
365日、24時間観光地として客が来るから当然っちゃ当然なんですが
なんかノンビリしてないんですよね。沖縄の人。
僕らよりよっぽどキビキビしてる感ありましたもんね・・・。
あと、首里城の方に行ったらチケットちぎるお姉さんが
一切心のこもってない事務的な「はいさーい(こんにちわ)」という声に
ちょっと心が折れましたね。
あと、これまた勝手な想像で沖縄の方には大変、大変申し訳無いのですが
すっごく時間にルーズだと思ってたので
電車(モノレールだっけ)が時間にちゃんと来た事にショックを受けました。すみません。


まぁ何て言うのかな。これは穿った見方になるのかもしれないけど
こういう僕らみたいな沖縄をよく知らない人の勝手な想像で
「のんびり、のほほん」としたイメージを嫌って
若い人たちが進んで、意識してしっかりとキビキビと動いて働いてるのかなぁとか
ちょっと思ったんだ。実際、びっくりすくらい沖縄弁のおばあちゃんとかいたし、
僕らは都会っぽい沖縄しか観てないからそういう感想なのかもしれませんが
これが小さい島とかだったら、また印象が違ったのかなぁとかとか。


沖縄について思ったこと3つ目。
デモとか全然やってない。
この話は・・・まぁ、それぞれの胸の内に。
11月!あと2つ!




あと、ムフフなお店は行ってません!!!!!!!





2013年11月の印象的な出来事


『お父さんと職業安定所に行く』


行きました。職業安定所。職安。最近はハローワークなんて言われるのかな?
ハローワークに来てるのが皆、
グッバイワークした人だと思うと、感慨深いね。
まぁ、アレですよ、7月に仕事をやめてから、
保険の受給の手続きとか、そういうのを全然してなくて
気付いたら期限が切れてたからまぁいいやって放置してたんですけど
親にバレて調べられたらまだ大丈夫って事になって
イヤイヤ連れて来られたんだけど、その様子が完全に
引きこもりニートになった息子と、
なんとか一歩社会復帰させようとしてるお父さん
みたいな絵面で
割と死にたくなったり!
割と間違っちゃないんだけど!ただ自分の意思で無職ってるからアレだけど!的な。


なんかこう、事務的な手続き事は面倒ですね・・・。
税金関係とか、還付金とか、お金が帰ってきますよ!ちゃんと役所に行って
○○の証明証をもらって××の書類を書いてくれば!みたいなのが
ホントめんどくさくて・・・数万無駄になるくらいイイヤって思っちゃうくらい
手続き関係嫌いですね・・・よくないですね・・・早急に
女装少年の秘書がつかないとダメですね・・・。





あと、この月は
弟の買ってきた足つぼを刺激するボードで
見事に
痔×のツボと生殖器×のツボに激痛が走って
震えて<西野カナ>る時ですね。
さぁラスト!!12月です!!





2013年12月の印象的な出来事


『ゲームをして、よく寝た』



はい、というわけで12月はこんな感じですね・・・。
特に、ゲームをよくやりましたね。


ゴッドイーター2を買いまして、中々面白かったですよ。
よくモンスターハンターと比較される、いわゆる「狩りゲー」なんですが
まぁ、割と上手く住み分けられてるんじゃないかなーと思いましたよ個人的には。
モンスターハンターが、人間が人間らしい能力で
巨大な敵の動きをしっかり見てチマチマと
ダメージを蓄積させてなんとか勝つ、というリアルに近いハンティングなスタイルだとしたら


ゴッドイーターは、もう人間が人間を超えてる身体能力を持ってて、
その子たちが必殺技とかをガンガン出して
相手の動きとかほぼ関係無く、自分のペースで大打撃を与えて
スピーディーに勝つ、というまぁ若干ファンタジーなスタイルとなっていて

モンハンが至高で、GEはパクリでダメとか
GEが完全にモンハンを超えた狩りゲーとか


そういうのとは違うな―というか
野球とサッカーどっちが好き?みたいな。
イヌとネコどっちが好き?みたいな。
どっちが優れてるか、という事では無いと思いました。


僕はGE2から入ったワケですが、ちゃんと1のキャラも
すんなり入ってくるし、2だけで独立して楽しめるストーリー展開で○。
あと、とてもいいな、って思ったのがミッションクリア後に
キャラに話しかけると
ほぼ毎回違うセリフを言うというのが
個人的にはとてもGOODです。というのも、この手のゲームは
基本的には同じ事をし続けるワケですから、最後までやるには
中々根気がいるわけで。そこに好みのキャラが毎回セリフが変われば
ソレを見るためにゲームを進めるモチベーションも上がるわけで。
他にも各キャラごとに段階的にエピソードイベントがあったりして
本筋のストーリー以外で寄り道を作るという
こういう所の気遣いは、流石にナムコだなって思ったり。あぁ、バンナムでしたっけ?はい。
あと、この点で言うと3DS最新作だったモンハン4の方も結構気を使ってて
一本のストーリーがしっかり作られた上に重要なクエストの後は
キャラたちのセリフが変化するという過去作もちょっとあったんですけど
物足りないな―と思ってた部分が改善されてたり、続編モノの企業努力には
頭が下がるばかりです。


あとはソリティ馬っていうゲームが3DSで出てたんですけど
最近はこれにハマってますね・・・またあとで詳しく書きます、と言いつつ
多分書かないだろうなーという大方の予想通り・・・に、ならないよう努力します。


そして、12月はよく寝ました。寝ました。
お昼寝2時間、夜の睡眠7時間で
平均で9時間は寝る毎日でした。寝るの楽しいです。
特に布団に入ってもやしもんの蛍ちゃんと沢木の腐った妄想をしながらの
就寝は格別でございます。はい。
・・・と、この話実は
今回の日記の冒頭で既に書いてるんですよね。
皆さんもう覚えてないと思いますが!というか、
僕が忘れてたんですが!えぇ。


というわけで、日記を書き始めたのが
2013年・12月31日の
午前10時46分でしたね。
現在、
19時33分でございます。
この程度の1年のおさらいに、9時間ちかく掛かってしまいましたね。
途中、
何度もチンチンの話ばっかりしてましたね。意味もなく。えぇ。





最後に2013年総まとめ。
今年は
(前半)よく仕事をし、よく食べ、よくやめ、よく遊び、よく運動し、よく寝ました。はい。
心がアレして、もう軽く人生を終わりにしようかとも思った日もありましたが
まだまだやりたい事あるなぁと思って、仕事をやめ
心と身体の休養の為、半年ほどお休みを頂きました。


まず一番に感謝をしたいのは、熊吉さんですね。
いつも基本クズな僕を、こんなダメッダメな僕を見捨てることなく
高校時代から一緒にいて、まだ何かを一緒にやってくれる気があるというのだから
よっぽどのお人好しか、変わり者だと思います。多分後者だと思ってます。
熊吉君に迷惑をかけ続けた分、そろそろ何か出来ればいいなと思ってますね。


あとは、このサイトを懲りずに見てくれてる皆様。ありがとうございます。
こんな有り様ですが、多分

老夫婦のやってる駄菓子屋みたいに死ぬまで続く
ような気がするので
末永く見守って頂ければと思います。
まぁ、でも
結局来年もあんまり変わらないと思いますが、よろしくお願いしますです。
それでは、良いお年をお迎えください。


19時23分(ツキ)





TOPに戻る