2014年1月4日ddd
『硝子の二十代後半、何も悪い事をしてないのに新年早々心を折られるの巻』



(画・熊吉)

毎日お絵描き61回目のテーマは「ナビゲーションシステム」
去年の何時頃からか更新がアレしてたので
未掲載分をまとめて載せてきますね。
ホントすみません(ツキ)







毎日お絵描き62回目「魔王(ロリコン)」







毎日お絵描き63回目「人外女幹部」







毎日お絵描き64回目「雷神様、ノリノリ」







こんばんわ。家でTVを観ていたら子役タレント達が
正月三が日からバラエティで頑張ってるのを観て
2014年も変わらず無職の僕は
若干ダークな気持ちになりました。
あけましておめでとうござます。坂本ツキです。
2014年もよろしくお願いします。


いっつもお正月になると芸人さんやタレントさんが
羽織袴着てるのを見ては「けっ!正月だからってうかれてんじゃねーぞ!」と
憤慨していたのですが、最近になって気付いてしまいましたね。
あの人達は仕事でやってんだと。正月から。仕事してんだと。
もう、正月にやってる全てのくだらない番組が尊く感じるほどです。
一つ大人になりました。なりましたが・・・。


ぼく何も悪いことしてないのに!!


唐突に悲痛な叫びをあげてみました。


さて、正月。
僕はもう、毎年言ってますが年賀状文化が苦手です。
確かに貰って嬉しいというのはありますが、それ以上に面倒くさい。出すのが。


親の転勤の都合で小学校6年の時に転校したのですが
その時も皆に住所を教えるのをアレしたという
血も涙も無い悪童でしたし
社長の女装趣味を酒の席で暴露してクビに一身上の都合により
会社を辞めた時も、誰にも連絡先は教えませんでしたし
メールアドレスを交換したものの全く交流の無い人達には
容赦なく機種変更、アドレス変更のお知らせはしないという
とにかく、マメに人と交流する、というのを面倒くさがって参りました。
もう完全に僕が悪いんですけど。これは。えぇ。


そんなわけで、今年も年賀状は一通も送らなかったし
こちらにも届かなかったワケで、それはそれで僕の中では良かったんですが
『ま・・・流石に、流石にね。年賀状はお断りしてきたけど
 メールアドレス知ってる人達からはあけましておめでとうメールとか
 Twitterであけましておめでとう的なこと何かしら言われるだろう流石に』
と軽く思ってたら
いっっさい誰からも無いんだよこれが。えぇ。


まぁまぁ当然っちゃ当然なんですが!えぇ。
サイトも停滞気味、同人サークルとしてもこの一年活動なし、
Twitterでもほぼ独り言みたいなツイーヨばかりの僕ですし
人とのコミューンをまともに取ってきてないのだから
当然の結果なんですが!なんですが!
なんだろう
この寂しい感じ。
昔だったら
「ネットとかで寂しいとかいう奴は甘え!一人でも全然平気だし!」みたいな事を
うそぶいていたわけですが
なにこれめっちゃ寂しい。なにこれ。
当然の行いの上に当然の結果が返ってきて
寂しいとか喚き散らすとはツキさんも
まじ
たちの悪い老人じゃないですか。


そもそも、自分からちゃんとすり寄って
あけおめメール的なのとかTwitterでリプライとか
普段からちゃんとしてればいいわけですよね・・・!


というわけで今年の目標は
『人との繋がり♂を取り戻す』
決まりですね・・・。


・・・あ、タイトルが
「何も悪いことしてないのに心が折れる」だったのに
全然僕が悪いや。はは、ははは。


・・・。


あ、そうそう。
今日、図書館に行ったんですけどね。
新しくこのサイトに載せようかと思ってる漫画のネタを
考える為に。昆虫図鑑とか見てて。
かれこれ5時間くらいはネタ出しをしてて、
いい感じだったんですけど、突然隣に
大学生くらいの若いカップルが座って。
うわうわうわ・・・と思ってたらお互いの太ももとか手とか
触り合っちゃってもう、イッチャイチャしてるのです。
ツキさんはこの時点で
自分のこめかみに銃を押し当ててるワケで。
もう
ペルソナが出ちゃう勢いですよ。
P3まだやってませんからよく分かりませんけど。
で、まぁ、深く考えたら負けだと。
どうせこの子らは図書館に来てもロクに得るモノもなく
身体をまさぐり合いに来ただけで
高尚な目的のある僕とはもう別の生き物なんだと。
もう、無視無視!と思って。昆虫図鑑も見てるし。
今のはちょっとカットして頂きたい。えぇ。
そうこうしてる内にこの二人が本を広げだして。
なんかよく分からないけど
世界の広告・デザイン的なモノらしく
イブ・サン・ローランのあれこれが素晴らしいとか
今までに無いデザインがどうとか、なんか聞いててすごい
高度な話をしてるわけです。僕はもうアートとかデザインとか言われると
「なんかすごいな」って思う位のレベルなんでよく分からないけど。
大学のレポートとか課題とかなのか、
とにかく真剣にデザインの話とかするのよこの二人が。
身体をまさぐり合いながら。
で、終いにゃ二人でそういう仕事してお互いを高め合って
一生一緒にいたいみたいな話になって来た所で
僕が「三木道三かよ!!!!!」と大声で叫んで
こめかみパーン!脳漿ブシャァ!ですよ。
二階のステンドグラスが割れて
光に反射して
してる所を
下の階にいるウサギのぬいぐるみを抱えた
少女がソレを見つめながらそこに
ツキさんの遺体がゆっくり一階に落下しつつ
菅野よう子の『Green Bird』
ですよ。
まぁ、普通に帰りましたけどね。


なんなんでしょうね。
かたや無職26歳が漫画のネタを考えつつ昆虫図鑑を眺める横で
夢と希望に満ち溢れたアート系大学生カップルがイチャつきながら将来を語る。
なんなんでしょうね。
野球なら0対15、バスケなら12対118位ですよね。
はぁ・・・もう・・・。


・・・というわけで今回は
『硝子の二十代後半、何も悪い事をしてないのに新年早々心を折られるの巻』
ちゃんと日記タイトル通りになりましたね!ぼく、偉い!敏腕!デカ長!















生きよう。
(BGMは菅野よう子とシートベルツの『See You Space Cowboy』でお願いします)



21時48分(ツキ)





TOPに戻る